海燕社についてリンクサイトマップ


ホームプロフィール作品紹介コラムフォトアンケート上映日程購入案内



「海燕社の小さな映画会」 2017年11月/November


作  品

「世阿弥の能」(49分)/「能」(30分)


日  時

2017/11/25(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




【 世 阿 弥 の 能 】

現在にもなお発展し続ける日本の古典演劇・能の基本を確立し、高めたのが、世阿弥元清である。幼少より古典教養を身につけ、将軍・足利義満の庇護のもと、父・観阿弥の能を受け継ぎ、〔夢幻能〕にまで洗練し大成した。世阿弥の代表的な能作品の優れた舞台を取り上げ、その特色を紹介すると共に、謎めいた彼の生涯にも迫る。観世宗家の舞台、奈良生駒の宝山寺に現存する世阿弥自筆の「風姿花伝」等、実物を撮影した映像が本映画に、より一層の深みを与えている。

(1990年製作/公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団/監督:村山正美/教育映画祭・最優秀作品賞、文部大臣賞)



【   能   】

600年の歴史を経て今尚生きつづける重厚なドラマ「能」は、日本が世界に誇りうるものの1つである。この映画は、昭和30年代の名優の演技によって、「藤戸」「松風」などの演目とその名場面を映しながら、能の特質を語ったものである。今は亡き名優の演技を偲ぶとともに、若い人々や初めて能を鑑賞する人々にとっての入門書ともなっている。

(1966年製作/桜映画社/文部省特選、第10回日本紹介映画・ビデオコンクール金賞、第19回カンヌ国際映画祭短編部門正式出品)






「海燕社の小さな映画会」 2017年8月/August



作  品

「月あかりの下で 〜ある定時制高校の記憶〜」(115分)


日  時

2017/8/26(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:00開場、17:30開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




演出・撮影・編集:太田直子

プロデューサー:田野稔

映像協力:日本テレビ/製作著作:グループ現代



埼玉県立浦和商業高校定時制クラスを舞台に、2002年の入学から2006年の卒業までの4年間に
密着したドキュメンタリー。派手な身なりで教師に暴言を吐く生徒、家庭内暴力が原因で登校で
きなくなった生徒、自傷行為を繰り返す生徒など、家庭や社会生活の中で問題を抱えながらも支
え合う若者たちを映し出す。平成22年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞 /2010年度日本映
画ペンクラブ・文化映画部門第1位、他多数受賞。



海燕社の小さな映画会8月会フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 2017年6月/June



作  品

「ふじ学徒隊」(48分)/「戦場ぬ童」(26分)


日  時

2017/6/24(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 講堂 (3F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




―戦場からの二つの遺言―



72年前、戦場に投げ込まれた沖縄の子供たちが、戦争を知らない子供たちに、
戦世やならん、と、訴える『戦場ぬ童』。
製作に携わった人たちも半数近くが物故しています。
セーラー服に憧れて、女学校へ入った少女たちが戦争に巻き込まれ、
一度も着ることのなかったセーラー服の遺言『ふじ学徒隊』。
この二作品の間に30年の年月があります。
しかし、沖縄の状況は変わらぬ戦世。そこに注目してほしい。



海燕社の小さな映画会6月会フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 2017年4月/April



作  品

「鳥の道を越えて」(93分)


日  時

2017/4/22(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


あらすじ

映画の舞台は監督・今井友樹の出身地、岐阜県東白川村。あるとき祖父・今井照夫から、
かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話を聞かされる。孫である監督は
“鳥の道”を探し求めて旅にでる。渡り鳥の大群が渡っていた時代、村では「カスミ網猟」が
行われていた。渡り鳥を「カスミ網」でどのように捕まえたのか。なぜ渡り鳥を食べなければ
ならなかったのか。そしてなぜ現在は禁猟になっているのか。旅の過程で生まれるひとつ
ひとつの疑問を丹念に追っていく。


4/22上映 「鳥の道を越えて」フライヤー














「海燕社の小さな映画会」 2017年2月/February



作  品

「山人の丸木舟」(32分)
「竹縄のさと」(36分)


日  時

2017/2/4(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


2/4上映 「山人の丸木舟」「竹縄のさと」フライヤー












「海燕社の小さな映画会」 11月/November



作  品

「糸満の女」(27分)
「歌の国、恋の島 八重山」(25分)


日  時

2016/11/18(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


FACEBOOK イベントページ

https://www.facebook.com/events/661092284067835/?active_tab=discussion


11/18上映 「糸満の女」「歌の国、恋の島 八重山」フライヤー










「海燕社の小さな映画会」 8月/August



作  品

人形アニメーション映画「死者の書」
(原作:折口信夫/監督・脚本:川本喜八郎/製作:桜映画社/2005年/70分


内  容

日本を代表する人形美術家・アニメーション作家川本喜八郎が、民俗学者折口信夫の不朽の名作を
人形アニメーションで初めて映像化した作品。奈良、平城京。藤原南家の姫、郎女(いらつめ)が、若く
して非業の死を遂げた大津皇子(おおつのみこ)の彷徨える魂を一途な信仰で鎮めていく物語である。


日  時

2016/8/27(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:15終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




8/27上映 「死者の書」フライヤー





大伴家持(おおとものやかもち)




大伴家持(おおとものやかもち)と恵美押勝(えみのおしかつ)




俤(おもかげ)びとと亡霊




布を縫う郎女(いらつめ)




郎女(いらつめ)、語り部














「海燕社の小さな映画会」 6月/June



作  品

「ふじ学徒隊」
(製作:海燕社/2012年/48分/映文連アワード2012文部科学大臣賞受賞)


日  時

2016/6/19(日)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

16:00開場、16:30開始 (17:20終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




6/19上映 「ふじ学徒隊」フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 5月/MAY



作  品

「奥会津の木地師」
(製作:民族文化映像研究所/1976年/55分)


日  時

2016/5/28(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

18:00開場、18:30開始 (19:30終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)



5/28上映 「奥会津の木地師」フライヤー












海燕社の小さな映画会2016
開催のお知らせ


2016年の「海燕社の小さな映画会」は―
1/30「イヨマンテ 〜熊送り」3/26「食卓の肖像」を上映致します。ご予約お待ち致しております。

「海燕社の小さな映画会」3月/March

海燕社の小さな映画会2016フライヤー


作  品

「食卓の肖像」(監督:金子サトシ/2010年/103分)


日  時

2016/3/26(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

14:00開場、14:30開始 (16:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)









「海燕社の小さな映画会」1月/January

1/30上映 「イヨマンテ」フライヤー
海燕社の小さな映画会2016フライヤー







作  品

「イヨマンテ 〜熊送り」(製作:民族文化映像研究所/1977年/103分)


日  時

2016/1/30(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

14:00開場、14:30開始 (16:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)










海燕社の小さな映画会2015
開催のお知らせ


今年は、「イザイホウ」「ふじ学徒隊」の劇場公開、再上映等で海燕社の小さな映画会をお休み致しておりましたが、12/12(土)、沖縄県立博物館・美術館講座室に場所を変えて開催致します。 上映作品は ―  戦後最大といわれた1966年の「イザイホウ」(野村岳也監督作品)と、イザイホウがなかった最初の午年の久高島を描いた「イザイホー1990年 久高島の女たち」(民族文化映像研究所製作)の2本立てです。 料金1,000円、要予約※定員(50名)に達し次第閉め切ります。皆様のご予約をお待ち致しております。

作  品

「イザイホウ」(監督:野村岳也/1967年/49分)
- 神の島・久高島の祭祀-

「イザイホー1990年 -久高島の女たち-」
(製作:民族文化映像研究所/1991年/30分)


日  時

2015/12/12(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

18:00開場、18:30開始 (20:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)



海燕社の小さな映画会2015フライヤー

フライヤー(作品解説入り)


海燕社トップページへ

Copyright(C)2010.kaiensha.All Rights Received