海燕社についてリンクサイトマップ


ホームプロフィール作品紹介コラムフォトアンケート上映日程購入案内




2018年ラインナップ
(PDFファイル)







「海燕社の小さな映画会」 2018年8月/August


作  品

民族文化映像研究所2作品

『山に生きるまつり』(38分)『竹富島の種子取祭』(55分)


日  時

2018/8/18(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 講堂 (3F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入退場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




『山に生きるまつり』1970年/38分/宮崎県西都市銀鏡(しろみ)

宮崎県の山村、銀鏡(しろみ)の銀鏡神社では、厳粛に霜月(旧暦11月)のまつりが行われる。そこで行われる33番の神楽は古風な山の文化を伝えており、1977年には国の重要無形民俗文化財に指定されている。
銀鏡のある米良(めら)山地地帯は、焼畑・狩猟を生活の基本としてきた。近年は12月12日から16日にかけて行われている、この霜月まつりにも、狩猟文化が色濃く反映している。まつりに先立って狩ったイノシシの首を神楽の場に安置し、その前で夜を徹して神楽を行うのである。
12月14日の朝、神社境内に設けられた神楽の場(神屋・こうや)に「おしめ」が立てられる。おしめは神の依代である。 その下には、荒御霊(あらみたま)であるイノシシ、和御霊(にぎみたま)である米、餅などが安置される。そして、各集落からお面様(神面・しんめん)を捧げた行列が集まる。お面様がそろわないと、まつりは始まらない。
夜に入ると神楽が始まり、翌日午前10時頃まで行われる。舞うのは祝人(ほうり)。草分けの家を中心にした旧家の人々で、世襲である。村の男女が歌を掛け合う神楽囃子は、古代の歌垣を思わせる。
神楽は三つの大きい構成要素をもっている。一つは神々の降臨を願う神楽。面をつけないで舞われる。二つ目は真夜中から夜明けにかけて行われる、神々の降臨の神楽。神楽をつけた神楽である。三つ目は、夜明け以降に行われるもの。ずり面とよばれるリアルな面をつけ、ユーモラスな所作で生命の誕生や作物の豊穣をあらわす。なかでも30番目のシシトギリの神楽は、古風な狩人の装束をつけた二神が、シシ狩の所作をする。「とぎる」とは足跡を追うという意味である。
このまつり最後の日、16日朝、銀鏡川の岩場を祭場としてシシバまつりが行われる。イノシシの左耳の肉片7切れを 串にさした七切れ肴を神に供え、その年に獲れた獣の霊を慰めるとともに、これから始まる狩りの豊饒を願うのである。


『竹富島の種子取祭』1980年/55分/竹富島民族芸能保存会委嘱/沖縄県八重山郡竹富町

沖縄県八重山諸島にある竹富島。旧暦9月あるいは10月の戊子(つちのえね)の日を中心にした10日間、タナドゥイ・種取祭が行われる。
まつりを前にした節の日。人々は軒にススキをさし、生活用具にシチカズラを巻く。この日は一年の始めの日とされ、司(つかさ・女の神人)がピーヌカン(火の神)やウタキ(御嶽)、水の神に祈る。
4日間の準備期間を終えた5日目。戊子の日。農耕の神を祀るユームチウタキ(世持御嶽)に司が祈る。浄めや魔除けのための水汲み、ススキ取り、シューヌハナトリ(潮汲み)、まつりの御馳走、イーヤチ作り。戸主は畑でアワの種を蒔き、よく実るようにと祈る。この日は種子取、つまり種播きの日である。
6日目、ンガソージ(精進の願い)。静かに身を慎む日。7日目、バルヒル(発芽)の願い。司と戸主たちがユームチウタキで作物の発芽を祈ったのち、ユークイ(世乞い)をする。歌い踊って作物の豊穣と家々の安泰を願って歩く。ユームチウタキの境内では「庭の芸能」、正面にしつらえた舞台では「舞台の芸能」が行われる。舞台の芸能の最初にはハザマホンジャーが「弥勒の世、麦の世、粟の世、米の世をお願いしたのは、私でございます」と述べ、続いてミルク(弥勒)が子供たちに囲まれて登場し、感謝の舞いが奉納される。芸能が終わると、再びユークイ。8日目、ムイムイ(立毛)の願い。発芽した作物が立派に育つよう祈る。9日目、ミルクを守っている人への感謝の行事。10日目、長老が物忌みの盃を傾け、祭りは終わる。






「海燕社の小さな映画会」 2018年6月/June


作  品

『老いる 5人の記録』(58分)『ふじ学徒隊』(48分)


日  時

2018/6/16(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 講堂 (3F)


時  間

17:15開場、17:40開始 (19:45終了)※途中入退場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。

※中学生以下、大人同伴につき1名無料

電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




『老いる 5人の記録』(監督:小泉修吉/カラー/58分/1979年/グループ現代作品)

佐久総合病院の協力の元、長野県佐久地方で生活する五人の老人たちの日常を、極力、人為的な手法を排除し、音楽もナレーションもなくただ記録することを主眼として制作、結果として、“老いを生きる”ことが生々しく浮き彫りになった作品。1977年の晩秋と、1978年の早春に私たちは、長野県佐久地方の農村地帯を取材する機会を得た。その際保健婦さんや、ヘルパーの方々の力ぞえもあって、たまたま何人かの心にのこる老人たちに出会うことができた。短い期間のつきあいであったが、その間にカメラとマイクで記録した老人たちの暮しを、まとめてみたのがこのフィルムである。


『ふじ学徒隊』(監督:野村岳也/カラー/48分/2012年/海燕社作品)

沖縄戦で動員された女子学徒隊は10校およそ500人。激戦の本島南部では、ほとんどの学徒隊が半数近くの戦死者を出した。そんな中、わずか3名の戦死者にとどまったのがふじ学徒隊。それはなぜか…。1941年、ヘチマ襟の制服を着た積徳高等女学校の1年生の写真がある。彼女たちは、一度も憧れのセーラー服を着ることなく、三年後、ふじ学徒隊となり、戦場に送り込まれる。大勢の傷病兵が送りこまれ、凄絶な治療看護活動が続いた。戦況が悪化した二ヵ月後、糸満の糸洲壕へ後退する。その一カ月後、解散命令が下り…。






「海燕社の小さな映画会」 2018年4月/April


作  品

「鬼に訊け 〜宮大工西岡常一の遺言〜」(88分)


日  時

2018/4/21(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




西岡常一、明治41年奈良県生まれ。木のいのちを生かし千年の建物を構築する。戦争による幾度かの応召を挟み、法輪寺三重塔、薬師寺金堂・西塔の再建を棟梁として手がけ、飛鳥時代から受け継がれていた寺院建築の技術を後世に伝え、「最後の宮大工」と称せられる。平成7年没。
技術の伝承、とりわけ宮大工の奥儀は、言葉ではなく体で覚えるもの、技術は盗むものといわれ長い時間をかけ、厳しい修練の後にごく一握りの者だけが獲得できるものである。しかし、西岡は宮大工の経験と技術、研ぎ澄まされた感覚を若い人たちに最後の力を振り絞り、残された時間と戦いながらあえて言葉で伝えようとしていた。西岡が言葉に託したものは、技術の取得の領域をはるかに超え、我々日本人の失ったものに対する警鐘と回帰ではなかったのではないか。西岡の言葉である「飛鳥に帰れ」とは、永遠なるものへの思いにほかならない。
「千年の檜には千年のいのちがあります。建てるからには建物のいのちを第一に考えなければならんわけです。風雪に耐えて立つ―それが建築の本来の姿やないですか。木は大自然が育てたいのちです。千年も千五百年も山で生き続けてきた、そのいのちを建物に生かす。それがわたしら宮大工の務めです」と西岡は言う。木は鉄を凌駕する、速さと量だけを競う模倣だけの技術とは根本的に異なる日本人のいにしえの叡智、そして自然への洞察、千年先へいのちを繋いでゆくという途方もない時間へ執念が、所縁ある人々へのインタビューから浮かび上がってくる…。





「海燕社の小さな映画会」 2018年2月/February


作  品

「イザイホウ」(49分)


日  時

2018/2/24(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

18:00開場、18:30開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




沖縄県南城市の久高島は、昔から神の島として知られ、年間三十に及ぶ神事が、島の暮らしに組み込まれており、今でも島人によって厳粛に受け継がれている。この久高島最大の神事が、十二年に一回午年に行われる「イザイホウ」である。
「イザイホウ」は、30歳から41歳の島で生まれ、島に生きる女が神になる神事で、四日間の本祭を中心に一ヵ月余の時をかけて行われるのである。島の女たちは、ノロを中心に神女組織を構成して島の男たちや島の暮らしを守ってきた。
これは、1966年の「イザイホウ」の記録作品である。
「イザイホウ」はその後1回行われ、1978年を最後に消滅した。多くの祭や神事が時代の波とともに形骸化し観光資源に変身したケースの多いなかで、「イザイホウ」は厳粛な神事の心を失わず、生きたまま消え去ったのである。





「海燕社の小さな映画会」 2017年11月/November


作  品

「世阿弥の能」(49分)/「能」(30分)


日  時

2017/11/25(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




【 世 阿 弥 の 能 】

現在にもなお発展し続ける日本の古典演劇・能の基本を確立し、高めたのが、世阿弥元清である。幼少より古典教養を身につけ、将軍・足利義満の庇護のもと、父・観阿弥の能を受け継ぎ、〔夢幻能〕にまで洗練し大成した。世阿弥の代表的な能作品の優れた舞台を取り上げ、その特色を紹介すると共に、謎めいた彼の生涯にも迫る。観世宗家の舞台、奈良生駒の宝山寺に現存する世阿弥自筆の「風姿花伝」等、実物を撮影した映像が本映画に、より一層の深みを与えている。

(1990年製作/公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団/監督:村山正美/教育映画祭・最優秀作品賞、文部大臣賞)



【   能   】

600年の歴史を経て今尚生きつづける重厚なドラマ「能」は、日本が世界に誇りうるものの1つである。この映画は、昭和30年代の名優の演技によって、「藤戸」「松風」などの演目とその名場面を映しながら、能の特質を語ったものである。今は亡き名優の演技を偲ぶとともに、若い人々や初めて能を鑑賞する人々にとっての入門書ともなっている。

(1966年製作/桜映画社/文部省特選、第10回日本紹介映画・ビデオコンクール金賞、第19回カンヌ国際映画祭短編部門正式出品)






「海燕社の小さな映画会」 2017年8月/August



作  品

「月あかりの下で 〜ある定時制高校の記憶〜」(115分)


日  時

2017/8/26(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:00開場、17:30開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




演出・撮影・編集:太田直子

プロデューサー:田野稔

映像協力:日本テレビ/製作著作:グループ現代



埼玉県立浦和商業高校定時制クラスを舞台に、2002年の入学から2006年の卒業までの4年間に
密着したドキュメンタリー。派手な身なりで教師に暴言を吐く生徒、家庭内暴力が原因で登校で
きなくなった生徒、自傷行為を繰り返す生徒など、家庭や社会生活の中で問題を抱えながらも支
え合う若者たちを映し出す。平成22年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞 /2010年度日本映
画ペンクラブ・文化映画部門第1位、他多数受賞。



海燕社の小さな映画会8月会フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 2017年6月/June



作  品

「ふじ学徒隊」(48分)/「戦場ぬ童」(26分)


日  時

2017/6/24(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 講堂 (3F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




―戦場からの二つの遺言―



72年前、戦場に投げ込まれた沖縄の子供たちが、戦争を知らない子供たちに、
戦世やならん、と、訴える『戦場ぬ童』。
製作に携わった人たちも半数近くが物故しています。
セーラー服に憧れて、女学校へ入った少女たちが戦争に巻き込まれ、
一度も着ることのなかったセーラー服の遺言『ふじ学徒隊』。
この二作品の間に30年の年月があります。
しかし、沖縄の状況は変わらぬ戦世。そこに注目してほしい。



海燕社の小さな映画会6月会フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 2017年4月/April



作  品

「鳥の道を越えて」(93分)


日  時

2017/4/22(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室 (1F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


あらすじ

映画の舞台は監督・今井友樹の出身地、岐阜県東白川村。あるとき祖父・今井照夫から、
かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話を聞かされる。孫である監督は
“鳥の道”を探し求めて旅にでる。渡り鳥の大群が渡っていた時代、村では「カスミ網猟」が
行われていた。渡り鳥を「カスミ網」でどのように捕まえたのか。なぜ渡り鳥を食べなければ
ならなかったのか。そしてなぜ現在は禁猟になっているのか。旅の過程で生まれるひとつ
ひとつの疑問を丹念に追っていく。


4/22上映 「鳥の道を越えて」フライヤー














「海燕社の小さな映画会」 2017年2月/February



作  品

「山人の丸木舟」(32分)
「竹縄のさと」(36分)


日  時

2017/2/4(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


2/4上映 「山人の丸木舟」「竹縄のさと」フライヤー












「海燕社の小さな映画会」 11月/November



作  品

「糸満の女」(27分)
「歌の国、恋の島 八重山」(25分)


日  時

2016/11/18(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:45開場、18:15開始 (19:45終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)


FACEBOOK イベントページ

https://www.facebook.com/events/661092284067835/?active_tab=discussion


11/18上映 「糸満の女」「歌の国、恋の島 八重山」フライヤー










「海燕社の小さな映画会」 8月/August



作  品

人形アニメーション映画「死者の書」
(原作:折口信夫/監督・脚本:川本喜八郎/製作:桜映画社/2005年/70分


内  容

日本を代表する人形美術家・アニメーション作家川本喜八郎が、民俗学者折口信夫の不朽の名作を
人形アニメーションで初めて映像化した作品。奈良、平城京。藤原南家の姫、郎女(いらつめ)が、若く
して非業の死を遂げた大津皇子(おおつのみこ)の彷徨える魂を一途な信仰で鎮めていく物語である。


日  時

2016/8/27(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

17:30開場、18:00開始 (19:15終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




8/27上映 「死者の書」フライヤー





大伴家持(おおとものやかもち)




大伴家持(おおとものやかもち)と恵美押勝(えみのおしかつ)




俤(おもかげ)びとと亡霊




布を縫う郎女(いらつめ)




郎女(いらつめ)、語り部














「海燕社の小さな映画会」 6月/June



作  品

「ふじ学徒隊」
(製作:海燕社/2012年/48分/映文連アワード2012文部科学大臣賞受賞)


日  時

2016/6/19(日)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

16:00開場、16:30開始 (17:20終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)




6/19上映 「ふじ学徒隊」フライヤー







「海燕社の小さな映画会」 5月/MAY



作  品

「奥会津の木地師」
(製作:民族文化映像研究所/1976年/55分)


日  時

2016/5/28(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

18:00開場、18:30開始 (19:30終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)



5/28上映 「奥会津の木地師」フライヤー












海燕社の小さな映画会2016
開催のお知らせ


2016年の「海燕社の小さな映画会」は―
1/30「イヨマンテ 〜熊送り」3/26「食卓の肖像」を上映致します。ご予約お待ち致しております。

「海燕社の小さな映画会」3月/March

海燕社の小さな映画会2016フライヤー


作  品

「食卓の肖像」(監督:金子サトシ/2010年/103分)


日  時

2016/3/26(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

14:00開場、14:30開始 (16:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)









「海燕社の小さな映画会」1月/January

1/30上映 「イヨマンテ」フライヤー
海燕社の小さな映画会2016フライヤー







作  品

「イヨマンテ 〜熊送り」(製作:民族文化映像研究所/1977年/103分)


日  時

2016/1/30(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

14:00開場、14:30開始 (16:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)










海燕社の小さな映画会2015
開催のお知らせ


今年は、「イザイホウ」「ふじ学徒隊」の劇場公開、再上映等で海燕社の小さな映画会をお休み致しておりましたが、12/12(土)、沖縄県立博物館・美術館講座室に場所を変えて開催致します。 上映作品は ―  戦後最大といわれた1966年の「イザイホウ」(野村岳也監督作品)と、イザイホウがなかった最初の午年の久高島を描いた「イザイホー1990年 久高島の女たち」(民族文化映像研究所製作)の2本立てです。 料金1,000円、要予約※定員(50名)に達し次第閉め切ります。皆様のご予約をお待ち致しております。

作  品

「イザイホウ」(監督:野村岳也/1967年/49分)
- 神の島・久高島の祭祀-

「イザイホー1990年 -久高島の女たち-」
(製作:民族文化映像研究所/1991年/30分)


日  時

2015/12/12(土)


場  所

沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室 (1F)


時  間

18:00開場、18:30開始 (20:00終了)※途中入場はできません。


料  金

1,000円(要予約)※先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。


電  話

098-850-8485(海燕社/カイエンシャ)



海燕社の小さな映画会2015フライヤー

フライヤー(作品解説入り)


海燕社トップページへ

Copyright(C)2010.kaiensha.All Rights Received